公認心理師 対策問題31 糖尿病 

こんにちは。キノセ ジンです。

早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

★今日の問題

糖尿病について、正しいものを一つ選べ。

 

うつ病の発症リスクには関連はない。

認知症の発症リスクには関連はない。

3勃起不全の発症リスクには関連はない。

4肥満は2型糖尿病の発症リスクを高める。

5加齢は1型糖尿病の発症リスクを高める。

 

 

 

 

回答は以下になります。

★回答, 4

1型糖尿病患は主に「正常、やせ」の範囲であることを知っておきましょう。

 

回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師 対策問題31 生活習慣病

こんにちは。キノセ ジンです。

早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題

2型糖尿病について、誤っているのを2つ選べ。

1ストレスの影響で、血糖値が上がることはない。

うつ病を合併すると、血糖値は上がることが多い。

3肥満や運動不足であっても、インスリンの効果は変わらない。

4飲酒、喫煙は発症のリスクを上げる。

 

 

 

 

回答は以下になります。

★回答,1・3

1→ストレスが上がると血糖値も上がる。

3→運動不足や肥満はインスリンが効きにくくなり、細胞が糖を取り込みにくくなる。

 

  回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師 対策問題31 生活習慣病

こんにちは。キノセ ジンです。

早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題

2型糖尿病について、誤っているのを2つ選べ。

1ストレスの影響で、血糖値が上がることはない。

うつ病を合併すると、血糖値は上がることが多い。

3肥満や運動不足であっても、インスリンの効果は変わらない。

4飲酒、喫煙は発症のリスクを上げる。

 

 

 

 

回答は以下になります。

★回答,1・3

1→ストレスが上がると血糖値も上がる。

3→運動不足や肥満はインスリンが効きにくくなり、細胞が糖を取り込みにくくなる。

 

  回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師 対策問題29 心身症について

こんにちは。キノセ ジンです。

早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題  

心身症について、誤っているものを2つ選べ。

1社会的な不適応は来すことは少ない。

2リラクセーション法の有効性は高くない。

3発症や経過に心理社会的要因が関与する精神疾患のことである。

4発症の契機が明らかになっても、改善の方法が明らかになることは少ない。

5病気の症状と心理社会的要因との間には象徴的な関連が認められることは少ない。

 

 

 

 回答は以下になります。

★回答,  2・3

2→心身症は、心理社会的要因が関与していることから、リラクセーションの有効性が高いことが言われている。

3→心身症とは、身体疾患である。

 

起点 回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師 対策問題28 ストレスコーピング

こんにちは。キノセ ジンです。 

スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題  

ストレスコーピングについて、誤っているものを1つ選べ。

1状況が変わったので、以前成功したコーピングは実行しないほうがよい。

2ストレッサーに対して、多くの種類のコーピングを持っていた方がよい。

3コーピングを続けているうちに疲労が蓄積することを、コーピングストレスという。

4一時的に生じたネガティブな感情を改善するコーピングは、慢性的なストレス反応の改善にも効果がある場合もある。

 

 

回答は以下になります。

★回答, 3

3→コーピングコストと言います。

 

 回答お疲れ様でした。

 

また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師 対策問題27 タイプA型行動パターン

こんにちは。キノセ ジンです。 

スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題

タイプA型行動パターンについて、間違っているものを2つ選べ。

1Holmes,T.H.が提唱した性格傾向である。

2時間的切迫感、敵意や怒りといった感情の表出が特徴である。

31950年代に発見された冠状動脈症にかかりやすい人の心理・行動的特徴である。

4行動パターンを変容させる介入研究により、心筋梗塞の最初を抑える効果が示されていない。

5複数の特徴のうち、敵意や怒りといった感情の表出が心筋梗塞発症の最も強いリスク要因であることが示されている。

 

 

  回答は以下になります。

★回答,  1・4

1M.Friedmanが提唱。

 

回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!

公認心理師対策問題26 ストレス反応

こんにちは。キノセ ジンです。

早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の対策問題を1つ回答してみましょう。

 

★今日の問題  

ストレス反応について、不適切なものを1つ選べ。

 

1甲状腺ホルモンは代謝を促進しない。

2コルチゾールは肝臓における糖分解を促進しない。

3コルチコトロピン放出ホルモン(CHR)は下垂体後葉を刺激しない。

4ストレスに長時間暴露され、疲弊状態になると免疫系が活性化されない。

5ストレス反応の第1段階は短時間で終わる視床下部からのホルモン分泌ではない。

 

 

 回答は以下になります。

★回答,1

①→甲状腺フォルモンには新陳代謝の過程を刺激して促進する作用があります。

 

 

 

 

回答お疲れ様でした。 また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、回答してみてください。 読んでくださり、ありがとうございました!