スキマ時間で公認心理師 試験対策 123

こんにちは。キノセ ジンです。
早速、スキマ時間を使って、公認心理師試験の過去問を1つ解答してみましょう。

 

★今日の問題

 ハラスメントについて、正しいものを一つ選びなさい。

    1. セクシュアルハラスメントは、本人の言動が意図的であるか否かの見きわめが重要である。
    2. パワーハラスメントは、上司から部下に対し行われる場合にのみ当てはまる。
    3. 職場のハラスメントは、勤務時間外であれば問題とされない。
    4. 都道府県労働局への「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は、減少している。
    5. 妊娠・出産・育児休業・介護休業などを理由とする解雇などの不利益な取扱いは、法律で禁止されている。

 

 

解答は以下になります。

★解答,5

 

 

 

①:誤り(×)。セクシュアル・ハラスメントは、本人の意図によらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動をいう。

②:誤り(×)。パワーハラスメントは、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させる行為とされ、同僚や部下からの場合も含まれる。

③:誤り(×)。職場のハラスメントは、勤務時間外であっても実質上勤務の延長と考えられるものは「職場」に該当する。

④:誤り(×)。都道府県労働局への「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は増加している。

⑤:正しい(○)。妊娠・出産・育児休業・介護休業などを理由とする解雇など不利益な取扱いの禁止は、男女雇用機会均等法や育児・介護休業法により規定されている。

 


解答お疲れ様でした。
また、明日もぜひ通勤などのスキマ時間で、解答してみてください。

読んでくださり、ありがとうございました!